協立情報通信はたいした銘柄でもないのにIPO初値が高騰しました。
それに明らかに売り惜しみ傾向にあります。
2013年に上場した4銘柄で協立情報通信が一番儲かったと思うと銘柄は
何でもよかったのかもしれませんね。


【トレーダーズ・ウェブ】
予想以上に強い地合いが続いている。20日に上場した協立情報通信は、上場2日目に公開価格の3.3倍で初値が付いた。2007年12月のウェブマネー以来の高水準。SIベンダーとして成熟業界に属し、社名的にも他の業態に勘違いしようがないが、高まる初値買い意欲に押され、高い初値が付いた。
新奇性が感じられないなどの要因により、かつてから漢字社名は上昇しにくいと言われる。少なくとも2005年以降に3倍以上の初値を付けたのは同社だけ。2倍以上ならば先週の買取王国も当てはまるが、協立情報のように平凡な社名は例がない。 ~省略~ 
初値高騰は年末から続いているため、直近10社の初値倍率の中央値は2.1倍に達した。倍以上になったのは2007年7月以来のことだ。当時の日経平均株価は1万8000円台。現在は当時と違ってIPO数自体はまだ少ない。相場が低迷していた時の影響などから公開規模が小型化していることもあり、全体の相場以上にIPOは過熱している。



すでに3月IPOのブックビルディング開始されており、来週はさらに本格化します。
ソフトマックス、オイシックス、オルトプラスのすべてが初値超えをすると思われ
ますので1枚位は当選できるように頑張りたいですね。
鴻池運輸とファルテックはまだ申込むのか決めていませんが、アサンテは申し込みを
したいと思います。
年間200万円の目標は達成できるのかな・・・・まだ12%程度しか達成できてません






クラウドバンクを使った投資を4年間続けています!

1万円から投資可能でコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。利回りが以前より高くなり投資チャンス到来なのかもしれません。

またクラウドバンク社長にインタビューを行い気になることもズバット聞いてみました。全ての問いに回答頂けるなんて思ってもおらず私の中で信頼度UPとなっています。

クラウドバンクの待つだけ資産運用

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。100万円投資すると1年間に69,900円の利益試算になります。地味だけどお小遣いになるから助かっています。

現在のところ投資額は60万円弱でソーシャルレンディングへの投資は総額250万円を超えています。余裕資金があればぶち込みですね!

クラウドバンク投資4年の実績と評価記事