現在発表されているIPOの中でBBができるのは、ソフトマックス
オイシックス、オルトプラスの3社です。
この3社のブックビルディング期間は2/22~3/01となります。


しかし2月の優待と重なってしまいます。
IPOを優先する方と2月優待を優先する方に分かれると思うのでひょっとして
IPOの抽選確立は上がるのではないかと考えます。
2月末の権利付き日は25日となっておりバッチリ重なっています。


優待も上手くクロスすれば数万円は取れるので確実性を選ぶのか?
それともIPOに集中するか?
資金繰りによりやり方がかなり違ってきますが私はどちらも行います ^^
でも計算しただけでお金が足らないので後は運気でカバーするしかないですね~



【トレーザーズ・ウェブ】
3月案件のIPOが承認され始め、今週は3銘柄が発表された。近年は毎年上場候補に挙がっていたオイシックスもついに承認に至った。3月はこうした万年候補の承認が複数見込まれており、来週はさらに承認が本格化する見通しだ。相場環境が目に見えてよくなったことで、上場意欲は高まっているようだ。
一方、来週からはいよいよIPOが再開される。今年は一足先にREITの上場が6日にあったが、コンフォリア・レジデンシャルは利回り商品で、しかも住居系にもかかわらず、上昇率は2桁に達した。その後も堅調に推移しており、投資心理は改善されている。

第1号となるのは創薬ベンチャーのメドレックス。例によって今期は赤字拡大の見通しだ。しかし、昨年の山中伸弥教授のノーベル賞受賞決定に端を発したバイオ相場は、年明けからさらに本格化。新興市場の売買代金は急増し、昨夏まで誰も見向きもしなかったセクターは、今や一番人気に躍り出た。ただ、あいにくバイオ相場は既に落ち着いてしまっており、遅れて登場する同社への反応が注目される。かえってナノキャリア、タカラバイオで遊んでいた資金が、なだれ込んでくるというシナリオもありそうだ。

全般的に相場回復に伴いIPOへの注目も増している。ただ、それが初値買いにつながらなければ、上昇率には寄与しない。幸い昨年の上場株はセカンダリーが良好なものが多い。絶好の環境下ともいえ、スタートダッシュに期待が持てるが、フタを開けてみるまで分からないのが相場。今のところ3銘柄への見方は弱気なものはないものの、割れているのが現状だ。3連休明けの週にはどのような結果が出るのか。



購買意欲は高いとされますがメドレックスは初値とセカンダリー共に
儲かる流れを期待したいです。
確かにチャートを見てもバイオ株は一旦落ち着いた感じですね。
IPOがまた本格始動し始め、上場もある来週は楽しみです!


オイシックス幹事のマネックス証券! ネット証券で完全抽選を実施している
⇒ マネックス証券公式へ


※マネックス証券で端株を貰いながらIPO口座として利用する方法はこちら








クラウドバンクを使った投資を4年間続けています!

1万円から投資可能でコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。利回りが以前より高くなり投資チャンス到来なのかもしれません。

またクラウドバンク社長にインタビューを行い気になることもズバット聞いてみました。全ての問いに回答頂けるなんて思ってもおらず私の中で信頼度UPとなっています。

クラウドバンクの待つだけ資産運用

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。100万円投資すると1年間に69,900円の利益試算になります。地味だけどお小遣いになるから助かっています。

現在のところ投資額は60万円弱でソーシャルレンディングへの投資は総額250万円を超えています。余裕資金があればぶち込みですね!

クラウドバンク投資4年の実績と評価記事