ジーンテクノサイエンス (4584)が上場しました。
初値はプラス29.2%となり公募組は利益がでましたね♪


ジーンテクノサイエンス (4584)IPO


公募価格 1200円
初値   1550円
高値   1670円
安値   1401円
引け   1401円


【モーニングスター社】
東証マザーズに新規上場したジーンテクノサイエンス<4584.T>が公開価格1200円を29.2%上回る1550円で初値を付けた。13年3月期赤字見込みで予想PERは算出できない。
バイオ医薬品に特化するベンチャー。通常のIPOマーケットなら見送られる案件だが、既存市場でバイオ株が人気化している流れに乗って短期的な買いを集めた。上場承認後の21日にバイオ後続薬のGBS-001が富士製薬<4554.T>と持田製薬<4534.T>によって製造販売承認の取得が行われ、評価が高まっていた。公開株式数は99万9900株。


【トレーダーズ】
赤字のバイオベンチャーとしては想定以上の活況ぶりを見せた。バイオ医薬品を開発しているジーンテクノサイエンスが30日に上場。初値は公開価格を29%上回った。同セクターとしては2009年9月に上場したキャンバス以来の快挙。公開価格が仮条件下限で決まった銘柄としても3割近い上昇は珍しい。従来ならばそっぽを向かれたであろうIPO株にも、惜しみなく資金が流入するようになった。
山中伸弥教授のノーベル賞受賞に始まったバイオ株相場がいまだに続いているうえ、11月のIPO株高騰の流れを引き継いだ。ブックビルディング時には非公表だった中期計画が、朝8時に発表され再来期の黒字転換が示されたことも大きかったと言える。



ジーンテクノサイエンスは流石に割れるだろうと思っていましたが、ここ最近の
IPOはなぜか人気です。
朝方黒字化する報道はやり手ですね。
今後のIPOにも期待が高まりますね~
なんとか当選したいと思っています!


トレンダーズ幹事のマネックス証券! ネット証券で完全抽選を実施している
⇒ マネックス証券公式へ


※マネックス証券で端株を貰いながらIPO口座として利用する方法はこちら








クラウドバンクを使った投資を4年間続けています!

1万円から投資可能でコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。利回りが以前より高くなり投資チャンス到来なのかもしれません。

またクラウドバンク社長にインタビューを行い気になることもズバット聞いてみました。全ての問いに回答頂けるなんて思ってもおらず私の中で信頼度UPとなっています。

クラウドバンクの待つだけ資産運用

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。100万円投資すると1年間に69,900円の利益試算になります。地味だけどお小遣いになるから助かっています。

現在のところ投資額は60万円弱でソーシャルレンディングへの投資は総額250万円を超えています。余裕資金があればぶち込みですね!

クラウドバンク投資4年の実績と評価記事