12月IPOは微妙な銘柄でもある程度貢献してくれますし、上場後に
動く銘柄もあります。
短期的買われて変動が大きくなる銘柄もありますね。


2011年12月IPO銘柄
↑拡大します(2011年12月IPO銘柄)


昨年の12月銘柄ですが、10社上場しています。
日興アセットとQ&Aは上場延期になりましたが、それでも環境があまり
良くなかった割には新規株式承認が多かったことになります。
今年もそのような動きがあるようなので凄く楽しみにしています ^^


カイオムなどはここ最近のIPS細胞でバカ上げ状態ですね。
新田ゼラチンなども株価が上昇していて、優待まで付いています。
サンセイランディックは不動産で株価は下がる一方です。
初値でプラスになっている銘柄もどこかで高値がついていたり
いまだに公募価格以上をキープしている銘柄もあります。
特にリブセンスなどはメディアなどにも出ていて、株価は上昇傾向です。
今年もそんな銘柄が出てくるといいですよね~


------------------------------------------------------------


【トレーダーズウェブ】
11月前半は2週間上場が空いているが、その分ブックビルディングなどの動きは慌ただしい。既に最初のありがとうサービスが値決めを終え、キャリアリンク、エストラストと次々にブックビルに入っている。
ありがとうSの公開価格は仮条件下限で決まった。同じ野村証券が主幹事を手掛けた日本コンセプトに続く措置になる。流通市場では直近上場株の高騰が目立っているが、11月のIPOではトレンダーズが高騰したくらい。残りの3銘柄はさえない動きが続いており、投資家は敏感に反応した。12日からブックビルが始まるジーンテクノサイエンスを含め、値決め動向にも注目が集まる。

一方、11月に入ったところで足元では12月の案件も走りだした。昨年同様に月間上場数は2桁に乗ると観測されており、早速第1週に上場する2銘柄が承認された。婚活サービス運営のIBJとシステムベンダーのテクノスジャパンだ。どちらも小規模であり、市場はJASDAQスタンダードになる。
12月は外国人がいなくなって薄商いになる最終週の上場はなるべく避けるのが習わし。それでいて数は年間で最も多くなる傾向があり、密度は上がる。これから年末までの2カ月間、IPOは最もにぎやかな時期に入った。


------------------------------------------------------------


11月はたいした銘柄がありませんが、12月に10社も上場したら
利益が出そうなIPOを一つくらいは取れるかもです (。-∀-)ニヒ
私は20万円取れるように頑張ります。
12月最後のIPOは微妙な銘柄でもお祭りなので参加するつもりです(多分)
今年最後の銘柄は枚数がそこそこあれば楽しそうです♪


トレンダーズ幹事のマネックス証券! ネット証券で完全抽選を実施している
⇒ マネックス証券公式へ


※マネックス証券で端株を貰いながらIPO口座として利用する方法はこちら








クラウドバンクを使った投資を4年間続けています!

1万円から投資可能でコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。利回りが以前より高くなり投資チャンス到来なのかもしれません。

またクラウドバンク社長にインタビューを行い気になることもズバット聞いてみました。全ての問いに回答頂けるなんて思ってもおらず私の中で信頼度UPとなっています。

クラウドバンクの待つだけ資産運用

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。100万円投資すると1年間に69,900円の利益試算になります。地味だけどお小遣いになるから助かっています。

現在のところ投資額は60万円弱でソーシャルレンディングへの投資は総額250万円を超えています。余裕資金があればぶち込みですね!

クラウドバンク投資4年の実績と評価記事