リクルートが上場をするようです。
以前からこのような話は出ていますが、持株会社の話もあり本当に
上場すると思います。


リクルートは、政治家や官僚などが逮捕されたリクルート事件を起こした企業です。
未上場の不動産株式やリクルートコスモ社の未上場株式を江副浩正さんが、自社を
政治家などと絡めて地位を高めようとした事件です。
その後色々と出てくるわけです。。。


【東洋経済オンライン】
「早ければ2013年度」とされる株式上場を前に、リクルートの既存株主(参考記事:リクルート株上場なら、いくらの含み益? 保有各社の皮算用)は、それぞれの反応を示している。株価が最高2万円台と推定される中では、はやる気持ちも致し方ない。

上場前に、早くもリクルート株を放出したとみられるのは、東京電力だ。東電は2011年3月末で、発行済み株式数の4.9%、300万株を抱える大株主。東電がリクルート株を取得したのは01年だった。00年にリクルートがダイエーから自社株を買い戻した後、安定株主作りの一貫として、東電や旧日本興業銀行(現みずほコーポレート銀行)など主要3行に、自社株を譲渡した経緯がある。
巨額の損害賠償を抱える東電は、目下、電気事業に関係ない資産の売却を進めているところ。リクルート株も売却した模様で、これはリクルート自身が自己株として買い戻したようだ。

一方、07年から08年にかけて、互いに持ち合う形でリクルート株を購入したのが、在京の民放キー局や、電通など大手の広告代理店である(下表)。持ち株比率は5~1%で、購入価格は計算上1株9000円。リクルートの子会社などから譲り受けた形だ。テレビ局にとってもリクルートは大口の広告主ゆえ、取引先としての対策があったと思われ、いずれもいまだ保有しているようである。 


【産経新聞】
情報・人材事業大手リクルートが株式上場の準備に入った。その一環で、ガバナンス(経営統治)を強化しようと10月1日付で組織を再編、持ち株会社「リクルートホールディングス」を設立する。不動産子会社の未公開株を政官界の有力者に譲渡していた「リクルート事件」を起こした同社にとって、上場は長年の懸案でもあった。国内市場の成長鈍化という危機感が背中を押し、経営陣は一気にハードルを乗り越えることを決断した。 ~省略~


色々とデータが掲載されているのでURL貼っておきます。
⇒ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120930-00000501-san-bus_all
⇒ http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120829-00000001-toyo-bus_all


今ではリクルート関係の企業がたくさんあります。
リクルートが株主になっている企業もたくさんあります ^^
ただベテランリクルート社員が数十億円も手に出来るとは羨ましいですね。
厳しい時代を乗り越えてきた社員も恩恵を受けるようです。


夕凪さんの無料レポートが人気です。
30万円を2800万以上にした実話を元に色々と説明してくれていますので、興味がある
方は期間限定なので見てみると良いでしょう。






クラウドバンクを使った投資を4年間続けています!

1万円から投資可能でコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。利回りが以前より高くなり投資チャンス到来なのかもしれません。

またクラウドバンク社長にインタビューを行い気になることもズバット聞いてみました。全ての問いに回答頂けるなんて思ってもおらず私の中で信頼度UPとなっています。

クラウドバンクの待つだけ資産運用

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。100万円投資すると1年間に69,900円の利益試算になります。地味だけどお小遣いになるから助かっています。

現在のところ投資額は60万円弱でソーシャルレンディングへの投資は総額250万円を超えています。余裕資金があればぶち込みですね!

クラウドバンク投資4年の実績と評価記事