オリンパス(7733)は生き残り作戦を考えています。


オリンパスの株価は2011年11月に420円程度まで下落しました。
そのときは破綻するかもしれないと思いましたが、現在の株価は1434円と
3倍以上になりリスクとリターンをどれだけ取れるか?と言った感じになっています。
何でもリスクとリターンが付きまといます。
リスクを取ればそれなりのリターンを獲ることもあります。
後はリスクをどれだけ軽減できるかにつきます。。。。
昨今の1Q業績発表でリスクを取れない自分も情けないですね(涙)
今月は何とか50万円の利益到達を是が非でも望んでいます~


【産経ニュース】
オリンパスは9日、財務の健全性を示す自己資本比率が6月末時点で2.2%となり、3月末の4.6%から2.4ポイント悪化したと発表した。円高の影響を受け、自己資本比率は「危機的水準」にまで低下した。今後さらなる円高などで大きな損失が生じれば、純資産がマイナスとなる債務超過に陥る可能性もあり、ソニーなどと進める資本提携交渉を急ぎ、財務体質の早期改善を目指す。
円高の影響だけで6月末の純資産は3月末に比べ約160億円目減りした。通期の想定為替レートは1ドル=80円、1ユーロ=100円。今後も、ドルに対して1円の円高で25億円、ユーロに対し1円の円高で7億円の純資産が減るとしており、損失隠し事件に伴う決算訂正で低下した自己資本比率が、さらに悪化する可能性がある。



【モーニングスター社】
オリンパス、第1四半期は44億5600万円の最終赤字、中間期売上高予想を引き下げ
オリンパス<7733.T>(特設)は9日引け後に13年3月期第1四半期(12年4-6月)連結決算を発表。営業利益は前年同期比59.6%減の21億1800万円、最終赤字は44億5600万円(前年同期は14億2300万円の赤字)となった。震災からの回復や新興国市場の拡大により医療事業が増益となったものの、ライフ・産業事業や映像事業が営業損失を計上。特別損失計上や法人税等の発生により、最終赤字額が拡大した。第1四半期末の自己資本比率は2.2%(12年3月期末は4.6%)となった。



リスクオン市場においてリスクを取ったもん勝ちかもしれませんが
IPOを好んでいる時点でリスクを取れていませんね。
既に持株も殆んど処分したので、資産も殆んど変動無しです。
シストレを楽しんでいるくらいですね~
案外シストレも面白いです♪
4日で10万稼げた読者もいましたしね。


5回往復取引で現金1万円が貰える太っ腹の企業さん♪ 
オートFX公式サイトへ
らくらくFX
詳細記事⇒ オートFXキャンペーンで1万円+1万円+クオ1000円+書籍を貰おう♪