カブドットコム証券と言えば我々IPO投資家としてもメジャーな企業です。三菱UFJモルガン・スタンレーがIPOを引受けたときには、カブドットコム証券でも取り扱いがありますよね。また、株主優待を取得する方にもなじみがある企業ではないでしょか。松井証券と同様に一般信用が使える企業だからです!


しかし、手数料の関係で今まではあまり積極的になれずにいた方にもちょっとした朗報があります。それは、現物株式手数料を最大80%以上の値下げを含め全面改定が行われたからです。現物株式の手数料体系を全面的に改定、シニア割引の割引率を50歳代2%、60歳代以上4%に引き下げとなります。


【カブドットコム証券の手数料改定ポイント】

・約定代金による段階制から計算式のみのシンプルな体系に変更
・主要ネット証券と比べて遜色のない低水準の手数料
・成行以外での執行条件における加算を廃止、指値や自動売買でも同一
・約定代金約246万円~4,500万円ではインターネットで指値の場合最大1459円の値上げ。同価格帯での信用取引手 数料は0円~1260円であり、信用取引での売買と品受け品渡しを活用することにより、さらに低コストに抑えることが可能です。
・その他の割引プランは従来通り適用されます。



それから今まであまり公開されていなかったと思いますが、カブドットコム証券のホームページを眺めていたら、優待を取りや普通に現物で取引するときに使える「現引き」の技が書いてありました(汗)世の中変ってきましたね。


しばらく前は一部の人しか使ってませんでしたよね  (。-∀-)ニヒ


どうすればいいのかと言えば、信用取引の手数料の方が安い場合は信用取引を使って、それをすぐに現引きして現物に変えるというものです!カブドットコム証券の口座も色々と使えますよ~