マネーパートナーズのチャートの表示(使い方?)読者の方から「チャートをどのように使っているのですか?」と聞かれたので記事にしてみました。当たり前の事なので突っ込まないくださいね。

666.jpg
↑クリックで拡大します。

画像は11月6日の1分足画像になります。
私がトレードしているポイントを記載しています。
水色のの部分がトレード域です。
上部のチャートには、トレンド系であるボリンジャーバンドを使っています。
下部には、オシレーター系であるスローストキャスティクスを使っています。
FXをするにはボリンジャーがとても有効です。(書籍や経験値から)

簡単な説明を加えておきます。
画面上部の一番左ののトレード理由はボリンジャーの+2σを抜けてきたので
売りをかましてみました。手前にも似たようなものがありますが、
このときは入ってません。
次ののトレードは真逆です。-2σに接触しています。よって買いを入れてみました。この買いは非常に危ないと思います。
私はすぐさま利確したのでよいですが、その後急落しています。

そして、私が1番トレードで利益が出ているポイントが左から3番目のです。
ある程度下落が続いた後にボリンジャーの真ん中の線(MA20)にロウソク足
が近づいて行きます。これを捕らえる事が出来れば利益は絶対に出ます。
下部のスローストキャスティクスを見ても買いの判断が出来ると思います。
上昇になるのかどうかはその時々で判断していますが、MA20までは利益が
のると思います。エントリーポイントを判断してトレードを行えば勝率は高いと思います。

左から4番目のは、トレンドが出来ていない状態で+2σに接触
なのでとりあえず売り判断です。
その後ボリンジャー幅が狭くなるのでまたブレイクしたのかな?
私は、疲れていたのでトレードを終了しました。

簡単に書いていますが、私はポジション病なので上記以外でも凄く
ポジションをもっています。急落時に追っかけてポジションも持ったりします。
上記のようなトレードを心がけていますが、所詮心が小さい人間なので無理です。
また、サポートラインやレジスタンスラインを引くとうまく行く事もあります。
我慢が出来ません。(涙)

投資は自己責任です。
今日の記事は私の裁量がとても多く反映されています。
皆さんは絶対に真似をしないでくださいよ!!!
同じチャートを使い方はこちら⇒ マネーパートナーズ